🖤ノスタルジー🖤

11歳のとき、2歳上の幼馴染に連れられ初めて宝塚歌劇を観劇しました。
当時、3階まである大劇場の3階席から、煌びやかな世界に圧倒され、たぶん、口を開けて一心に観ていたと思います。

11歳とはいえ、その時の演目は強烈に覚えており、パリ19世紀末の女優、『サラ ベルナール』を題材にしたお話で、舞台背景には『ミュシャ』の絵が描かれていたと記憶しています。

もちろん、私も幼馴染も、今でもフルでテーマ曲は歌えます。

生オーケストラで演奏される歌劇に、さすがに舞台で演じる人間にはなれない…と幼いながら自覚していましたので(笑)
「このオーケストラで弾きたい!」と即座に頭を駆け巡ったのを覚えています。

しかし、幼い頃の夢は変わり様も早く、すぐに興味はなくなり…

それから、時を経て、
巡り巡って、
数年前、久しぶりに歌劇を観たとき、幼い頃の夢が、一瞬で思い出されました。
思い出すのが遅すぎた…と一抹の悔いも感じつつ。

東北に住む幼馴染が、93年の歴史があり、今、その幕を閉じようとしている『宝塚ホテル』に、
「一度でいいから泊まりたい!」
とのことで、2019.5/14、観劇と共に宿泊。

昨年から計画していた5月14日。
偶然にも、
この日が、93年前『ホテル開業日』と先月知り、少人数限定のフェアウェルイベントにも参加。

元タカラジェンヌと共に普段入れない場所の散策やご一緒にランチ。
歌のお上手なジェンヌさんでしたので、最後にはお歌のプレゼントもあり、、、。
他にも、様々な偶然が重なり、サプライズだらけの夢のような一日でした。

11歳と13歳だった私達は、同じ舞台を観劇し感動を覚え、
お互い空白の時代を経て、再び同じ舞台を同じ場所で観劇。

年齢は重ねたけれども、
震災で大劇場は新しくなったとはいえ、変わらず105年続く歌劇。
そして、93年間人々を受け入れてきた宝塚ホテル。

何故か、私が予約するといつも同じ角部屋の少し広いお部屋(笑)。
窓からは、大劇場のお稽古場の灯りが見え、夜遅くまで練習しているのであろうと時折眺めつつ、辛いときには「自分も頑張らなきゃ!」と、励まされ勇気をもらっていました。

フェアウェルイベントが続くホテルに「お疲れ様でした」と労いの気持ちと、
幼馴染と共に同じ感動を与えてくれた感謝。
そして、
子供の頃の夢、現在も違う夢を与えてくれる存在に《Applause❣️》

幼い頃の、ある一時期に抱いた夢は叶いませんでしたが、
年齢と共に変わるとしても、夢はたくさん持つべき。《Reves》
その夢のひとつひとつに、人との関わりがありそれぞれのエピソードが添えられ、引出しの数が増えていく。

青い空に恵まれ、子供の頃と変わらず流れている武庫川の水音と澄んだ空気。
オレンジ屋根のすみれ色の街に今も昔も心を残しながら、ホームであずき色の電車を待つ現在の私達でした。