🇩🇪朝枝信彦先生🇩🇪

🎵2018.5.26、
ドイツ、マンハイム国立歌劇場元コンサートマスターを19年間務めていらした朝枝信彦先生のレッスンを、生徒3名、受講させていただきました。
数年前から何度目になるでしょうか…。

毎回、先生のレッスン、アットホームな中での音楽に関わる様々なお話は一言たりとも聞き逃すまい、と、細胞レベルで集中です。

クロイツェルは必ずカール フレッシュ版

バイオリンを学ぶ者が必ず通るクロイツェル、ローデ、ドントのエチュード。
歴史的にも何故、それが大切なのか…。
バイオリン音楽の成り立ちと共に、正統派の大切さ、師から弟子へ脈々と受け継がれる太い幹の部分の正しい解釈、奏法、音楽性。

先生の中には、どれだけの宝箱が詰まっているのだろう…と思われるくらいの豊富な知識に、私達の眼がその宝物にも負けないくらい、キラキラ輝き始め、次は何の宝が飛び出すのか…と、いつも興味津々です。

「僕はウソはつかないよ」と明るく笑いながら仰る先生。
音楽に正直に向き合い、音楽に対する筋の通った寄り添い方。
正統派芸術のためには、自らを譲らない媚びない姿勢は「敬服」です。

先生の話される声色の落ちつき、穏やかさ、強さ、お話の構築は、まさにドイツ音楽を彷彿させます。

俗世間の喜びとは天と地ほど次元の違う、充実感で満ち溢れた至福の一日。
求める側が貪欲であれば、好奇心が更に進み、質の高い幸福感でお腹いっぱいになることは間違いありません。

先生!ありがとうございました。
セッティングして下さった方にも感謝です🌹

先生と生徒

先生と