Violinist.《Yurina.Arai》

令和1年.11月17日。
荒井優利奈さんのリサイタル
1部、2部を聴かせていただきました。

曲目を変えての2部公演。
北海道〜岐阜〜東京とウィーンから一時帰国してのリサイタルです。

プログラムの殆どが1.2ヵ月前から練習し始めた…とのことですが、そんなこと微塵も見せず、見事な演奏でした。

♪モーツァルトはモーツァルトらしく、
♪ブラームスはブラームスらしく、
♪G線の調弦をFに合わせるイザイ、
♪クライスラーも、さすが、現ウィーン住民らしく、暗黙の揺らぎや軽やかさ。

この日のピアニストは優利奈さんの同級生「リード希亜奈」さん。
2部のみ、ピアノソロ曲がありました。

♪ラヴェル「ラ ヴァルス」
♪カプースチン「変奏曲」

カプースチンは初めて聴きました。
Jassの要素が入り、かなりの難曲であろうと想像できますが、
バイタリティ溢れエネルギッシュで、それでもって、きっちり整理された感があり、
興味深く、ソロピアノに引き込まれていました。
また、優利奈さん同様、
人柄の良さが笑顔と共に滲み出ていて、
この日は、質の高い喜びと温かな気持ちで満たされていました。
お天気も応援してくれているのか、とても暖かな昼下がり。

ウィーン秋限定のマロンチョコ。
定番のウィーンのチョコレートは今までも、いろいろ食してきましたが、これは美味しい!!!
…《なぜか、ふと、映画「第三の男」の並木道が頭をよぎりました》
ウィーンの季節のモノを…という、そういう心遣いもまた嬉しい。

次回
令和3年3月3日
サンサーンス協奏曲3番を
名古屋フィルハーモニー交響楽団と競演。
(冗談のような本当の企画です)

まだまだ研鑽のため、ウィーンで勉強中ですが、
子供の頃を知っているから…
という贔屓目を捨てても、
広く皆さんに知っていただきたい、
すでに素晴らしい、更に成長を遂げるであろう、

Violinist 《Yurina.Arai》

が、誕生していると確信いたしました。

🎵モーツァルトくん🎵

今年も我が高校は、無事、プラハ〜ザルツブルク〜ウィーンの修学旅行を終えることができました。

以前、ウィーンを訪れたとき、このモーツァルトくんに一目惚れ❤️


たくさんのステーショナリーグッズを買って、
そろそろ便箋が無くなりそうなので、おとなげなくも、生徒に買ってきてもらうようお願いしました。


便箋って、人様に届くもので手元には残らないのに、皆様に喜んでいただけたらという思いと、自分の個性を発信することなので、なぜか凝ってしまいます。

音楽も自分の個性を乗せ、人様にお届けして喜んでいただけたとき、何かふんわりした温かいものに包まれたような嬉しさを感じます。

人に発信していくとき、「このようにしたら喜ばれるかしら」と、考えるのも楽しみのひとつですよね。

成長過程で『始まりはモーツァルト、行き着くところもモーツァルト』

モーツァルトの音楽には、演奏の面でやってはいけないタブーや約束事があり、身体の筋肉の使い方が、、、
…結局のところモーツァルトは難しい。

天上の音楽のように美しくて軽やか。でも、突然ビックリするようなフォルテッシモ
…やっぱり難しい。

お調子者で不真面目(会ったことないので知りませんが)。
でも、天からのギフトとして、稀なる才能を与えられた唯一無二のモーツァルト。

モーツァルトが石畳みの道を馬車で揺られた行程を、生徒たちは旅しました。

『便箋、買えました!』とザルツブルクの生徒からLINEがきて、
再び、手元にやってきた🎵モーツァルトくん🎵

SNSの時代、
さて、この趣味に付き合ってくれる誰にお便りを出そうか?と。

生涯、馬車でヨーロッパを飛び回っていたモーツァルト。

この🎵モーツァルトくん🎵も、これから、あちこち飛び回ります。