2021. 発表会への祈り

2021. 7月、発表会を行います。
このコロナ禍、
一年前日程を決め会場を押さえるとき、
オリンピックが開催できるかどうか?は、さておき、
感染状況に関わらず、
国の威信をかけて必ず開催するという姿勢を、ギリギリまで崩さないだろう…
何としてもワクチンを行き渡らせようとするのでは…と予想し、
この日に決めました。

が、しかし、
多くの日本人にワクチンが行き渡るのはいつのことやら。
国力の無さに愕然としています。

呆れモードのなか、
そんなことを言っていても仕方ない、
今、できることをやるしかないと切り替え、
夏に向け、親御さんのご協力のもと、生徒さん達も私も頑張っています。

発表会のソロ曲は、
どんな小さなお子さんでも、
必ず基礎を順々に積み上げたクラッシック曲。
これは絶対のポリシー。

バイオリンは基礎がしっかりしていないと、たとえキラキラ星でも綺麗には弾けません。

園児から大学生までの全体合奏は、
こんな時世だからこそ、
『レ ミゼラブル』より
「心は愛にあふれて〜民衆のうた」
人類が団結して、この見えない恐怖に打ち勝ちたい!という気持ちから、
この曲を選びました。

今回も、
苦手だけれど自分の感性を信じて、
頭を抱えながらバイオリン2パートに編曲し、
小さなお子さんのために、簡単な別パートも加え、
全員でソーシャルディスタンスの舞台を想定しながら、今から出来上がりを想像しています。

今回は、
事前に来場して下さるご家族の皆様の個人情報も頂戴し、
感染予防のため、親御さんにもご協力いただき行わせていただきますが、
何より無事に全員が当日集まることができ、
その後も無事であることを願うのみです。

練習の努力は各々できますが、
見えない敵への努力は、
できる防御はしていてもどうしようもないもの。
私の明日もわかりません。

今年ほど、
皆さんの努力したソロ曲と、
最後の勇ましい「民衆のうた」を、
弾きたい、聴きたい年は、
未だかつてありません。

うたかたの如く消えぬよう、
開催を祈るのみです。