2020.生誕没後〜ウィーンフィル来日

 

今年も残すところわずか。
北から日本列島が黄色く赤く染まっていきます。
昨年の今頃は、
年末の発表会、コンクールに向けて、いつものように、
当たり前にその行事がやってくると疑うこともなく、過ごしていました。

はや、一年。

今年のいろいろ予定されていたであろう、演奏会。
生誕○年、没後○年のたくさんの作曲家の演奏会が目白押しだったことでしょう。

♪ベードーヴェン生誕250年
♪タルティーニ 没後250年
♪ヴュータン  生誕200年
♪ブルッフ   没後100年
(タルティーニ、ヴュータン、ブルッフはバイオリンの名曲を残しています)
♪ヨーゼフ シュトラウス没後150年
♪レハール   生誕150年 etc

他にもたくさんの作曲家のメモリアルイヤーでしたが、残念です。

来年は
♪サン=サーンス 没後100年
♪ピアソラ    生誕100年etc

2021年3月3日には、
ウィーン在住のバイオリニスト、
荒井優利奈さんが
名古屋にて、
サン=サーンス作曲、
バイオリンコンチェルト第3番を
演奏予定です。

普段は演奏者に対して心の奥底でエールを送ることしか考えていませんでしたが、
今は演奏会そのものが無事に行われることを祈るのみ。

確か、昨年末のブログに、
無事に発表会が終われたことに安堵していたことを書きました。
これまた規模の違うこと。
地球規模の禍い。

そんななか、
2020.11月5日から、ウィーンフィルが
チャーター機で来日し、4日に一度の検査を自主的に行い、厳重な感染予防を施すなか
各都市で演奏会が行われます。

今回、聴きに行くことは叶いませんが、
『音楽大使として、日本の皆さまに
希望と喜びをお届けしたい』
とのメッセージに、胸躍る聴衆も多いことでしょう。

欧州では再び都市がロックダウン。
パリの友人からは、区役所がピンクになっていると。

第3波を危惧するところですが、
日本の中でも、クラッシック、エンターティメント、演劇界が少しずつ動き始め、しっかり予防対策をしながら、
恐る恐る人間の本能が求めるものに向かっています。

ウィーンフィルの『希望と喜び』のギフトを、
聴衆も無事で安全に受け取れるよう、
予防対策は厳重に、
そして大成功を祈りつつ、
来年の、あまたの演奏会に繋いでいただけたら、と、願うのみです。

楽友協会舞台頭上